二重構造のビジネスモデル

よく言われる話ですが、DIYでドリルを買う人はドリルがほしいのではなく、「穴」がほしい。

でも「穴」は売っていないのでしかたなくドリルを買う。

ドリルを通じて「穴」を手に入れる。

 

つまり

  • 買っているもの
  • 得ているもの

が異なることがあります。

 

たとえば地下鉄の切符を買う人は切符がほしいのではなく、「移動」したい。

「移動」は売っていないのでしかたなく切符を買い、地下鉄に乗ります。

 

たとえばカフェでコーヒーを頼む人は必ずしもコーヒー目当てでコーヒーを注文するとは限りません。

「ひと休み」したいだけという人もいるでしょう。

「ひと休み」は売っていないので、代わりにコーヒーを買う。

 

 

このように

  • 買っているもの
  • 得ているもの

が異なるケースはたくさんあると思います。

いやむしろ、現代社会で売られている商品のほとんどすべてが、こうした「二重構造」になっているのかもしれません。

 

ビジネスモデルを考える際、この「二重構造」を意識することは意外に役に立ちます。

どのようなビジネスモデルを組み立てるにせよ、キャッシュポイントは存在するわけで、そのキャッシュポイントで

「顧客は実際には何に対して(何に価値を感じて)お金を払うのか」

「見えているもの(目の前の商品やサービス)と、顧客が得ているものとは異なるかもしれない」

と考えてみることをおすすめします。


  • 検定試験を受けるのにメールアドレスの登録などは必要ありません。
  • 合格者全員に進呈:「独立して講師になる!教室をひらく!スタートアップガイド(PDF)」