ビジネスモデル鑑定士について


ビジネスモデル鑑定士とは

幅広いビジネスモデルの知識を持ち、スモールビジネスに応用できるスペシャリスト

 

ビジネスモデル鑑定士の使命は、ビジネスモデルの知識を使って個人事業などの「スモールビジネス」をサポートすること。

変化の激しい時代のなかで、ビジネスモデルの知識や応用力がますます重要になっています。


ビジネスモデル鑑定士が必要とされる理由

ビジネスのテーマが同じでも、ビジネスモデルは1つとは限りません。

ビジネスモデルの違いで、結果が変わります。

とくに近年、その傾向が強くなっています。

 

しかし多くの「スモールビジネス」は、

  • ビジネスモデルは複数考えられる
  • 現在のビジネスモデルは最善のものではないかもしれない

ということに気づかないまま、進められています。

それが、ビジネスの成功確率を下げる1つの原因になっています。

 

ビジネスモデルが原因でビジネスが失敗しないように、ビジネスモデルに関するアドバイザーが必要です。

その役割を担うのがビジネスモデル鑑定士です。

 


ビジネスモデル鑑定士になるには

STEP-1:ビジネスモデルBASIC検定

ビジネスモデルに関する知識や考え方を確認するオンライン検定試験です。

STEP-2:ビジネスモデル鑑定士認定

実践的な「ビジネスモデルの提案力」を確認する試験です。

合格者は「ビジネスモデル鑑定士」に認定されます。